ホーム»Life» 彦根のやっかいな雪
a

彦根のやっかいな雪

タイトルLife

2022年12月24日早朝、彦根が真っ白に

彦根城のお堀も雪景色

きょうはクリスマスイブ(2022年12月24日)。今年も彦根の積雪が始まりました。

彦根の雪は、日本一大きな琵琶湖の東に位置するためなのかもしれませんが、降る雪に特徴があります。それは、雪がかたまりで降ってくることが多いのです。

手袋の雪

写真を見てもらえればわかりますが、雪らしい結晶がありません。これは、雪のつぶですね。ちいさな氷の粒のかたまりです。水分の多いこの雪は、着雪といって物にひっつきやすくなります。

着雪の様子

雪のついている方向と、ついていない方向

木の幹の、風があたっている側は真っ白ですが、風の裏にまわると木肌が見えて真っ黒です。

見えない看板

看板もすぐに着雪で見えなくなります。

見えなくなる看板

倒木や停電に注意

昨年の大雪でも、この特有の性質の雪が木に着雪して、数万本もの大木が折れてしまいました。

昨年の大雪による倒木

これから始まる雪がどうなるか?
じっくり観察したいと思います^_^

JPweather.comは、気象庁出身のライフセーバーです。気象や波の専門知識 を生かし、最高品質の天気予報や波情報を提供することで、野外で遊ぶ皆様が笑顔になれるようにサポートします。

タイトルとURLをコピーしました