フレッツ光(隼)を導入

タイトル画像 起業

2023年2月1日に彦根市で開校する学習塾は、最新のICT機器をつかった最先端授業にします。

そのため、ネットワーク回線は出来る限り最新最速に。もちろん、こちら側の速度をいくら上げても、接続して対応する外部サーバーが遅かったり、管理するソフトウェアの仕様が古かったりすると、それがボトルネックとなって速度があがりませんが(笑)

導入したルータは

TP-LINK の Archer AX90(AX6600 トライバンド Wi-Fi 6 ルーター)です。

AX6600 トライバンド Wi-Fi 6 ルーター
Archer AX90トライバンドWi-Fi 6ルーターを使用して、すべてのデバイスでWi-Fi 6接続をお楽しみください
TP-LINK の Archer AX90(AX6600 トライバンド Wi-Fi 6 ルーター)

TP-LINK Technologies Co., Ltd.

TP-LINK Technologies Co., Ltd.(中国語: 普聯技術、TP-LINK)は、中華人民共和国深圳に拠点をおく、SOHOおよびSMB向けのネットワーク機器の製造・販売企業で、2013年の第一四半期には無線LAN機器においてシェア42.2%を達成して世界市場1位となった世界的なトップメーカーです。

TP-LINKの製品は、大変お安くて丈夫で安定して高性能なので、LAN敷設時のスイッチングハブもTP-LINKにする予定です。

ネット回線開設で手間どる

ネット回線の設置を代理店や一般業者に頼むと、ルーターやLAN敷設工事を一括してお願いできるのでたいへんありがたいものです。

しかし、日本の一般業者は、基本的に世界レベルの通信事業に詳しくないことが多く、そのため割高なネットワーク機器を推奨されることがあります。

代理店によっては、「ルーターは量販店で買ってください」などと、わけのわからない対応をされることもありました。

ネット回線手配のコツ

光回線の引き込み工事手配も、代理店に頼むと、NTTに話が通るまでさまざまな代理業者がかかわるため、開通するまでに1か月から最長で2か月。

料金も最初はお安い提案となっていますが、やりとりをしていくうちにお高くなることが普通です。

選択できる電話番号も、本来は10個から選べるのに、3個しか提示しなかったり(笑)

しかたがないので、NTTに直談判して2週間ちょっとで開通することができました。電話番号も連番のあるいい番号を選ぶことが出来ました。(熊本県のコールセンターから対応していただいたNTTwestのOさん、ありがとうございました(^^)/)

長期保証は必要なし

代理店独自で長期保証をつけるという提案もされますが、その代理店が3年後や5年後に存在しているかどうかわかりません。つまり、実質意味のない保証の提案です。

ルータも、今回購入したtp-linkのルータより性能の落ちる古い国内製品を、倍以上のお値段で納入しようとしたり。

信頼できる営業さんが必須

JPweather.comが会社を立ち上げてから、さまざまな業種の営業さんから連絡をいただきますが、その営業さんのスキルレベルを見定めるまで時間がかかります。

なので、時間がもったいないので、できれば素人の営業さんはお断りしたいんですが。

社会人としてのお付き合いもありますので、悩ましいところです(*_*)

JPweather.comは、気象庁出身のライフセーバーです。気象や波の専門知識 を生かし、最高品質の天気予報や波情報を提供することで、野外で遊ぶ皆様が笑顔になれるようにサポートします。

タイトルとURLをコピーしました