ひとり代表社員総会

タイトル画像 起業

法律は、その時々で市民の大多数がなんとなく納得できるように作られているものですが、時代遅れで有名無実の法律もたくさんあります。

顧問税理士さん

昨日(10月26日)、会社の顧問をしていただける税理士さんとお会いしてきました。

これまでも、書籍やウエブなどで会社経営について学んできたつもりでしたが、ぜんぜん足りていませんでした💦

税理士さんからは、「創業の体験は、初めてのこの一回きりです。」と、おっしゃっていただきました。

【顧問をしていただけることになった税理士法人青葉会さん】

ホーム | 税理士法人青葉会 コンサル | 加藤会計 | 日本
加藤会計事務所では事業承継、M&Aや会計事務所ならではの目線からのコンサルタント業などに全国でしっかりとした実績のある事務所です。 お気軽にご相談ください。

初体験は一度きり

たしかに、この経験はわたしの初体験で、次に会社を立ち上げるときには、こんなに右往左往することはないですね^_^

はじめての株主総会

会社を立ち上げると、3か月以内にひとりで社員総会を開かなければいけません。その主な目的は、役員報酬額の決定です。11月13日(日)の大安の日にすることにしました。

役員報酬の不思議

役員報酬は、法人としてのわたしが、個人のわたしに支払う報酬です。

わたしがわたしに支払って、わたしがわたしから受け取る。
いったいどういう事なんだろう?(゜_゜)と混乱します。

でも、悩んでいても事は進まないので、税理士さんのアドバイスに基づいて決めることにしました。

税金って、一般常識からかけ離れた考え方なのかも・・・(笑)

三権分立

法律は、その時々で市民の大多数がなんとなく納得できるように作られているものですが、時代遅れで有名無実の法律もたくさんあります。

法律に則っていても誤りはあるわけで。

その時のために、司法(裁判官)がいるんですね。

それが、三権分立の原則のうちのひとつだと思います。

JPweather.comは、気象庁出身のライフセーバーです。気象や波の専門知識 を生かし、最高品質の天気予報や波情報を提供することで、野外で遊ぶ皆様が笑顔になれるようにサポートします。

タイトルとURLをコピーしました